LE GENMAIについて

2006年、東京は練馬区の石神井公園でスタートした玄米創作菓子専門ショップ
「LE GENMAI(ル ゲンマイ)」
その歩みは小麦粉を使わない洋菓子のお店からスタートしました。

ショートケーキやシュークリーム、マドレーヌなどのよくある洋菓子を
小麦粉や添加物を使わず米粉、しかも「コシヒカリ玄米粉」を使って作り上げた
LE GENMAIは当時、大きな話題になりました。
残念ながら、お店は閉店してしまいましたが「玄米粉」を使った製品を
作り出すというスピリットは今日まで受け継がれ、
玄米100%ブレッド、玄米100%トーストパン、玄米100%生めんと
いった玄米加工食品を生み出してきております。

そして、かつてお店の屋号だったLE GENMAIのブランドを
今一度大きく掲げるきっかけになったのが
「玄米100%プチパン」の誕生です。
米粉専門コーディネーターで、米粉パン業界で第一人者でもある高橋ヒロさんと
3年の月日をかけて作り上げた玄米プチパンは
それまでの米粉パンの概念を覆すような仕上がりとなりました。

「多くの人にこのパンを食べてもらいたい!」という想いが
玄米食品専門ショップ「LE GENMAI」の再スタートの原動力になっています。

既にある玄米100%生めんを含めた商品に加え、今後も様々な玄米加工食品をお送りする予定です。

「完全栄養食」と言わしめた玄米を、もっと身近に感じてもらうべく邁進するブランド。
それがLE GENMAIです。