玄米めんレシピ「ナポリタン」

日本生まれの洋食として定番のナポリタンも、玄米めんでグルテンフリー!
トマト入りで大人にもおすすめですよ〜

スタイリングのポイントはブラウン×赤で秋カラーの小物たち。
おうちにある白いお皿も、小物で季節感を演出♪

玄米麺の美味しい茹で方のコツはこちらの動画から♪


【材料:1人分】

玄米100%生めん(細)…1食分
ウインナー…3本
ピーマン…1/2個
人参…1/5本
たまねぎ…1/4個
水…100ml
トマト…1/2個
コンソメ…4g
ケチャップ…大さじ5
きび砂糖…小さじ2
塩…適量
粉チーズ…適量
パセリ…適量


【作り方】

※動画では水250mlとなっていますが、100mlの間違いです。ご注意ください

1. ウインナーは斜め半分に切り、ピーマンは0.5cm程度切り、ピーマンは一口大に切り、人参は0.5cm程度の半月もしくはいちょう切り、トマトはざく切りにして用意しておく。

2. 熱したフライパンに米油を入れ、人参→たまねぎ→ピーマン→ウインナーの順に炒める。

3. 水とコンソメ、ケチャップ、きび砂糖、1で切っておいたトマトを入れ、軽く混ぜたら、
ゆでておいた玄米めんを入れ混ぜ合わせ火を止める。味は塩で調整する。

4. 器に盛り、粉チーズとパセリを振る。

玄米めんレシピ「パッタイ」

パッタイ

タイの屋台で定番のパッタイはお米を使った焼きそば。
玄米麺を使って美味しく再現しました!

スタイリングのポイントは、薬味をのせたシルバーの器やラタンにたっぷり載せたパクチー。
タイの市場でいただくような雰囲気を演出しています♪

玄米麺の美味しい茹で方のコツはこちらの動画から♪


【材料:1人分】

玄米100%生めん(細)…1食分
豚肉細切れ…70g
えび(冷凍)…50g
もやし…100g
にら…2房
卵…1個
きび砂糖…小さじ2
オイスターソース…大さじ1
鶏がらスープの素…大さじ1
酢…大さじ1
水…50cc
レモン…1カット
パクチー…適量
乾燥海老…適量
ナンプラー…お好み


【作り方】

1. えびといかは解凍しておき、豚肉は細切り、にらは4~5cmに切っておく。

2. ボウルに※の調味料(きび砂糖、オイスターソース、鶏がらスープの素と水を混ぜ合わせておく。

3. 熱したフライパンに米油大さじ1を入れ、割りほぐした卵を流し入れる。半熟でお皿に取り出す。

4. 熱したフライパンに米油大さじ1を入れ、豚肉を色が変わるまで炒め、えびといかを加えてさらに炒める。

5. ゆで時間を1分にして硬めにゆで上げた玄米めんと2を入れ、よく混ぜ合わせる。

6. もやしと3の卵、にらを入れてさらによく炒める。もやしがしんなりしてきたら、火を止めて酢を加え混ぜる。

7. 器に盛り、乾燥海老、パクチー、カットレモンを添える。お好みでナンプラーをかける。

抗酸化物質「メラノイジン」について

玄米には七大栄養素が含まれている

玄米には〈炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル〉の七大栄養素が含まれており、「完全栄養食」と言われています。
ただし、玄米の完全な栄養を体内に摂り入れるためには、炊き方に工夫が必要であることはこちらの記事でもお伝えしている通りで、白米と同じように炊いてしまうときちんと消化吸収も出来ず、胃腸への負担にもなってしまいます。

Continue reading “抗酸化物質「メラノイジン」について”

抗酸化力をアップさせるファイトケミカル

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカル(phytochemical)は、六大栄養素である〈炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維〉に加えて七番めの栄養素と呼ばれるようになりました。ファイト(フィト)は植物、ケミカルは化学物質の意味です。「化学物質」と聞くと、人工的(有害)なものを想像する方もおられるかも知れませんが、本来の意味はそうではなく、原子や分子という自然界に存在する物質のことです。

Continue reading “抗酸化力をアップさせるファイトケミカル”

国産のスーパーフード玄米

スーパーフードとは

スーパーフードと聞くとなんだかとても良いものという響きがあります。もともとスーパーフードという言葉は1980年代にアメリカやカナダで食事療法を研究する専門家の間で生まれたと言われています。その後「Raw Food(生食)」の世界のカリスマであるデイビッド・ウォルフ氏の著書「Superfoods」が2009年に出版されて、急激に広まっていきました。日本では、2013年頃から食への意識が高い人たちの中で広がっています。

Continue reading “国産のスーパーフード玄米”

お客様の声

アトピーが少しずつ改善されてきました 福井県 I様

幼い頃からアトピー体質で、母からBAP玄米パウダープレミアムをすすめられました。新婚生活と同時に使い始めて約半年。おかげさまで体調の良い日が増え、アトピー体質も少しずつですが改善できてきています。玄米パウダー入りのご飯は「香ばしくて美味しい!」と夫も大絶賛です。玄米パウダーは米を炊くときに入れればいいので、とっても手軽に取り入れらるのもありがたいです。日々の食生活により一層気遣えるようにもなり25歳にして薬の使用がなく、ここまで体調が良いのは初めてで嬉しい限りです。

Continue reading “お客様の声”

イベント「玄米レシピトーク」好評につき第二回目開催致します!

「玄米の美味しさを知りたい!」

「玄米粉ってどう使うの?」

「今まで玄米粉に出会ったことも、使った事もないけど実際どうなの?」

などなど・・・。玄米粉にまつわる疑問や気になることをみんなでワイワイおしゃべりするオンラインイベントを開催致します!

スピーカーはLE GENMAI専属栄養士「SAKI」♪

LE GENMAIのユーザーから、まだ使ったことのない人まで!どなたでも参加することが可能です!

ご興味のある方は、特設ページよりお申込み下さいませ!

健康を目指す食生活で気を付けること

玄米食を取り入れてみたい…とお考えの方でも、「どのように体に良いのか」という知識には差があるかと思います。

健康な身体と心を作るためには、
1.健康を害する可能性のある食品を極力抑えるということ、その上で
2.健康に良い食品を積極的に取り入れる

以上2つのアクションがLE GENMAIでは必要と考えています。

Continue reading “健康を目指す食生活で気を付けること”

玄米の栄養素と炊き方のポイント

玄米に含まれる栄養素とは

スーパーフードと呼ばれている玄米ですが、具体的には30を超える栄養素が含まれており、おかずを食べなくても玄米だけで身体に必要な栄養が補える“完全食”とされています。栄養素を白米と比べてみると、一目瞭然です。

Continue reading “玄米の栄養素と炊き方のポイント”